東大阪(河内小阪駅)のほまれ整骨院@加圧トレーニング・スポーツ障害ガイド
HOME>ほまれブログ

ほまれブログ

怪我はマイナス?プラス?
競技選手のみなさん。
あなたは怪我をプラスにとりますか?マイナスにとりますか?
もちろん重度の怪我や時期や状況によって怪我に泣かされる事はたくさんあります。そんな選手もたくさん見てきました。
しかし、治る怪我や治す時間がある怪我に対してはポジティブに捉えて
積極的にリハビリとトレーニングをおこなうべきです。
怪我をすることによって健常な状態ではしなかったであろう箇所の強化
や怪我を経験し乗り越える事によるメンタルタフネスの獲得など。
マイナスな要素ばかりではありません。
怪我をすることによって獲得できるもの、怪我をした者しか経験できない
事など結果的にプラスになることの方がたくさんあります。

怪我からの復帰とは、筋力的にもフィットネス的にも向上し、さらにはプレーヤーとしての動作の改善がなされてこそ本当の復帰だと考えます。
下半身を怪我したなら上半身。上半身を怪我したなら下半身。
右腕なら左腕。左腕ならもちろん右腕。いくらでも強化することが可能
です。怪我をして動かせないと筋肉量は落ちていきます。
しかし、例えは右腕を怪我し固定していても左腕のトレーニング
をすることにより通常何もしないより固定している右腕の筋肉量は低下しにくくなります。更には怪我の回復も促進することも可能なんです。

ほまれ整骨院では怪我をした選手がたくさんのプラスを獲得できるように復帰計画を立てて治療・リハビリ・ウェイトトレーニングを提供しております。少しでも皆さんのお力になれるかもしれません。
怪我で悩んでいる方はは是非一度御相談ください。
投稿者 ほまれ整骨院 (2014年5月21日 10:36) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :